実際に借金が時効になった例

借金の時効が成立した例として多いのは、消費者金融へ借入していて返済できなくなり、長い間居場所を転々としていて5年以上経ち、住民票を移した時に借金の支払いを求められたケースです。
その後の借金には損害金なども上乗せされて莫大な金額になっていることが多く、通知書には消費者金融に連絡をすれば借金の減額や分割払いに応じるといった内容が記されていることもあります。
この場合、消費者金融に直接連絡をしないで借金の時効を意思表示するために、内容証明郵便で借金の時効により支払い義務がないことを伝えます。
消費者金融から借金の時効に当てはまる場合は、その後借金の取立ては事実上なくなります。
ただし、借金の時効には貸金業者が時効が振り出しに戻るように、知らないうちに裁判を起こされて時効が成立しない場合がありますので、注意しましょう。

キャッシングを利用すると就職試験に影響しますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>